Canon MAXIFY G5000 ドライバ

Canon MAXIFY G5000 ドライバー – 低価格で大量に印刷するために、このプリンタの3つのインクボトルのうちの1つは、白黒文書を8300ページ、カラーを7700ページ印刷することができます。これら3台のプリンタは、形状をよりコンパクトにできるように、プリンタ本体に統合されている詰め替えインクタンクのデザインを採用しています。インクがなくなった場合も交換が簡単で、すばやく行うことができます。 キヤノン PIXUS G5000は、印刷、スキャン、コピーに使用できる多機能プリンターです。さらに、それはこのプリンターの設定と操作を簡単にする2行のLCDパネルを持っています。それだけでなく、ユーザーは自動両面印刷機能を利用して紙の使用量を節約することもできます。そのため、ユーザーは手動で用紙をめくることなく両面ドキュメント(表と裏)を印刷できます。

このプリンターでクリエイティブになれるようにするために、CanonはCanon Poster Artist LiteおよびEasy-PhotoPrint Editorをサポートしています。このアプリケーションを使用して、ポスター、利用可能な数千のデザインテンプレート、写真、およびクリップアートを通じてCDラベルを印刷するためのチラシなどのビジネス促進資料を簡単に作成できます。実際、Canon PIXUS G5000プリンタは、ネイルステッカーを印刷することを可能にするNail Sticker Creatorアプリケーション、および印刷された写真にAR(Augmented Reality)表示を表示するためのMessage in applicationアプリケーションもサポートしています。

キヤノン PIXUS G5000インク効率の高いCanonは、自動両面印刷機能、最大350枚までの紙製容器、WiFi接続、有線ネットワーク、およびLANもサポートしています。このプリンタは、Wi-Fi接続を使用してスマートフォンと接続することもできます。このようにして、ユーザーは直接Canon Print Inkjet / Selphyアプリケーションを通して写真や文書を印刷することができます。 Canon MAXIFY iB4030 Driverにアクセスして、別のCanonドライバを入手してください。

Canon G5000 ドライバー

Canon G5000 Driver

Canon MAXIFY G5000 ドライバ対応OS

  • Windows 8 32ビット(x86)| Windows 10 64ビット(x64)| Windows 8.1 32ビット(x86)| Windows 8.1 64ビット(x64)| Windows 8 32ビット(x86)| Windows 8 64 -bit(x64)| Windows 7 32ビット(x86)| Windows 7 64ビット(x64)| Windows Vista 32ビット(x86)| Windows Vista 64ビット(x64)| Windows XP)
  • Macintosh(Mac OS X 10.12 | Mac OS X 10.11 | Mac OS X 10.10 | Mac OS X 10.9 | Mac OS X 10.8 | Mac OS X 10.7 | Mac OS X 10.6

申し訳ございませんが、上記以外のOSに対応するドライバー/ソフトウエアは提供しておりません。OSによっては、さらに詳細なバージョンが条件の場合がございますので、ダウンロード前に動作環境の確認をお願い致します。ご利用のパソコンのOSが分からない場合は、手順にしたがってOSをご確認ください。

Canon MAXIFY G5000 ドライバーfor Windows

キヤノン MAXIFY G5000 Windowsドライバーを ダウンロード

Canon MAXIFY G5000 ドライバーfor Mac OS X

キヤノン MAXIFY G5000 Mac OSドライバーを ダウンロード

も読む: Canon MAXIFY iB4130 ドライバー For Windows, Mac OS X, Linux

Canon MAXIFY G5000 のドライバインストール

キヤノン MAXIFY G5000 プリンタドライバをWindowsにインストールする方法

  1. Canon MAXIFY G5000 プリンタをWindows PCに接続して、プリンタが状態でオンになっていることを確認できます。プリンタにワイヤレスプリンタが搭載されている場合は、Canon MAXIFY G5000 プリンタの電源を入れ、使用可能な接続方法の1つを選択します。自動接続方法(自動接続)が使用可能な場合は、その方法を選択します。
  2. キヤノン MAXIFY G5000 の最新ドライバをダウンロードしてください。あなたのWindows PCにインストールしなければなりません、正常にインストールされたドライバの後、あなたのWindowsを再起動します。
  3. [スタート]メニューの[設定]アイコンをクリックするか、Windowsキー+ Iを同時に押して設定を開きます。 [設定]ウィンドウが開き、[デバイス]アイコンをクリックします。
  4. [プリンタとスキャナ]をクリックします。ステップ2のCanonプリンタドライバが既に正常にインストールされている場合は、プリンタとスキャナのリストに入力してください。
  5. リストにCanon MAXIFY G5000 がすでに表示されている場合は、プリンタをクリックして、[デフォルトとして設定]をクリックして、プリンタを使用するプリンタにします。

Canon MAXIFY G5000 プリンタドライバをMac OS Xにインストールする方法

  1. [システム環境設定]メニューの[印刷とファクス]をクリックします。
  2. この(+)記号をクリックすると、プリンタが追加されます。
  3. 使用可能なプリンタが表示されます。 キヤノン MAXIFY G5000 プリンタが表示されない場合は、まずドライバをインストールしてからプリンタモデルを選択する必要があります。ドロップダウンを選択してMac用のCanon MAXIFY G5000 ドライバを選択することができます。選択できるオプションがいくつかあります。 プリンタの指定が異なる場合を除き、PCL(pcl5またはpcl6)と追記を選択します。
  4. オフィスソフトウェアを開き、[ファイルとページの設定]を選択します(Microsoftの言葉でもできます)。
  5. ページで、インストールされているプリンタドライバの[セットアップの変更形式]をクリックします。 用紙サイズのドロップダウンを選択します。またはあなたの書式に基づいています。
  6. Wordは、作成した用紙サイズを表示します。これで、テストプリントをテストすることができます。 ファイル印刷に移動します。
  7. Mac OS Xでキヤノン MAXIFY G5000 プリンタをセットアップし、テストプリントを正常に印刷しました。