コニカミノルタ bizhub PRO 1100 ドライバー

Konica Minolta bizhub PRO 1100は、完全に信頼できるエントリーレベルの生産機械であり、クライアントのあらゆるニーズに1つのプロセスで対応するためのさまざまなインライン仕上げオプションを提供します。このプリンタは、デジタル生産性の水準を引き上げ、生産現場のスペースを節約し、簡単な操作と強力なインライン仕上げで時間と人件費を節約します。

業界をリードする100ppmの高品質白黒出力を備えたモノクロ印刷機。1200x1200dpiの解像度と8ビット処理により、よりスムーズでリアルなモノクロ印刷出力を実現します。環境への影響を低減するバイオマス植物ベースの素材を使用した、優れたハーフトーンとグラデーションの再現のための強化されたSimitri®HDEトナー。中断することなく長押しする場合の最大13,890枚の用紙容量。コニカミノルタ bizhub PRO 1100は、最大13インチx 19.2インチの用紙サイズと、55〜350 gsmの重量を受け入れ、スムーズに動作する真空紙送りメカニズムを備えています。製本、中とじ、リングバインダーなど、あらゆる生産ニーズに対応する多彩なインライン仕上げオプション。

全体として、コニカミノルタ bizhub PRO 1100白黒デジタル印刷機は、高速100 ppm白黒出力、高い用紙とトナー容量、標準の内蔵プリントコントローラー、スペースを節約するコンパクトな設置面積など、印刷物の生産環境に真の価値をもたらします。あなたの生産現場で。 Konica Minolta bizhub 750i ドライバーにアクセスして、別のコニカミノルタドライバを入手してください。

コニカミノルタ bizhub PRO 1100 ドライバ対応OS

  • Windows (Windows 11, Windows 10 32bit版 | Windows 10 64bit版 | Windows 8.1 32bit版 | Windows 8.1 64bit版)
  • Macintosh(macOS 11 | macOS 10.15 | macOS 10.14 | macOS 10.13 | macOS 10.12)

申し訳ございませんが、上記以外のOSに対応するドライバー/ソフトウエアは提供しておりません。OSによっては、さらに詳細なバージョンが条件の場合がございますので、ダウンロード前に動作環境の確認をお願い致します。ご利用のパソコンのOSが分からない場合は、手順にしたがってOSをご確認ください。

Konica Minolta bizhub PRO 1100の PCLドライバーを ダウンロード (32-bit/64-bit)

Konica Minolta bizhub PRO 1100の PS(P)ドライバーを ダウンロード (32-bit/64-bit)

Konica Minolta bizhub PRO 1100の PS Plug-inドライバーを ダウンロード

も読む: WindowsとmacOS用のコニカミノルタ bizhub 650i ドライバー

コニカミノルタ bizhub PRO 1100 ドライバー

bizhub PRO 1100 ドライバー

Konica Minolta bizhub PRO 1100のドライバインストール

コニカミノルタ bizhub PRO 1100 プリンタドライバをWindowsにインストールする方法

  1. Windows PCにインストールします。 ドライバーが正常にインストールされたら、Windowsを再起動します。
  2. [設定]を開き、[プリンターとスキャナー]をクリックします。 プリンタードライバーが既に正常にインストールされている場合、プリンターはプリンターとスキャナーのリストに入力されているはずです。
  3. コニカミノルタ bizhub PRO 1100が既にリストに表示されている場合は、プリンターをクリックし、[既定に設定]をクリックして、プリンターをプリンターとして使用します。

コニカミノルタ bizhub PRO 1100 プリンタドライバをmacOSにインストールする方法

  1. [システム環境設定]メニューをクリックし、[プリンターとスキャナー]を選択します。 この(+)記号をクリックして、プリンターを追加します。
  2. 利用可能なプリンターが表示されます。このプリンターが表示されない場合は、まずドライバーをインストールしてから、プリンターモデルを選択する必要があります。 または、ドロップダウンを選択してコニカミノルタ bizhub PRO 1100 ドライバーを選択できます。 いくつかのオプションから選択できます。 プリンターで別の指定がない限り、PCL(pcl5またはpcl6)、postscript、またはzplを選択します。