コニカミノルタ bizhub 2031F ドライバー

Konica Minolta bizhub 2031Fは、オフィス活動の標準的な作業を行うために信頼できる多機能デバイスです。ユーザーが簡単に使用できる印刷、コピー、スキャン機能は、このコニカミノルタ製品の付加価値です。すべてのファイルとレポートを1つの中央の場所で印刷、スキャン、およびコピーするという点で、非常に忙しいオフィスの要求を満たすことができるコピー機。標準の1,150枚の容量、最大にアップグレード可能。最大4つのカセットに3,650枚(オプション)。同時に利用できる用紙とさまざまな種類の用紙の補充が少なくなり、全体的な生産性が向上します。

22 ppm(文字)と14 ppm(元帳)の出力速度とカラースクリーンを備えたコニカミノルタ bizhub 2031Fコピー機は、今日のタブレットやスマートフォンと同じくらい使いやすいです。オフィスビジネスの成長に伴い、多機能プリンターは、個々のコピー/スキャン/印刷ドキュメントを処理するすべてのニーズを満たすように意図的に設計されています。このコピー機は、オプションの小冊子作成、ステープル留め、穴あけ、および中綴じを使用して、社内でより多くのプロジェクトを完了することができます。

大型のフルカラータッチスクリーンのおかげで使いやすさ。アニメーションのヘルプとガイダンス機能を備えたシンプルでわかりやすい操作。ユーザーの学習曲線がなく、すぐに慣れることができます。カラースキャン、高速スキャン、およびスキャンモードの全スペクトルを含む効果的なスキャン。コニカミノルタ bizhub 2031Fは、ドキュメントのキャプチャと配布のワークフロー向けに完全に設計されています。アーカイブ用。ユーザーの生産性を向上させます。ドキュメント/データセキュリティ、アクセスセキュリティ、およびネットワークセキュリティのための拡張された標準セキュリティ機能。 Konica Minolta bizhub C750i ドライバーにアクセスして、別のコニカミノルタドライバを入手してください。

コニカミノルタ bizhub 2031F ドライバ対応OS

  • Windows (Windows 11, Windows 10 32bit版 | Windows 10 64bit版 | Windows 8.1 32bit版 | Windows 8.1 64bit版)

申し訳ございませんが、上記以外のOSに対応するドライバー/ソフトウエアは提供しておりません。OSによっては、さらに詳細なバージョンが条件の場合がございますので、ダウンロード前に動作環境の確認をお願い致します。ご利用のパソコンのOSが分からない場合は、手順にしたがってOSをご確認ください。

Konica Minolta bizhub 2031fの GDI/TWAINドライバー(USB接続用)を ダウンロード (32-bit/64-bit)

Konica Minolta bizhub 2031fの PCLプリンタードライバー / TWAINドライバー(USB接続用) を ダウンロード (32-bit/64-bit)

も読む: Windows用のコニカミノルタ bizhub C650i ドライバー

コニカミノルタ bizhub 2031F ドライバー

bizhub 2031F ドライバー

Konica Minolta bizhub 2031Fのドライバインストール

コニカミノルタ bizhub 2031F プリンタドライバをWindowsにインストールする方法

  1. Windows PCにインストールします。 ドライバーが正常にインストールされたら、Windowsを再起動します。
  2. [設定]を開き、[プリンターとスキャナー]をクリックします。 プリンタードライバーが既に正常にインストールされている場合、プリンターはプリンターとスキャナーのリストに入力されているはずです。
  3. コニカミノルタ bizhub 2031Fが既にリストに表示されている場合は、プリンターをクリックし、[既定に設定]をクリックして、プリンターをプリンターとして使用します。