コニカミノルタ bizhub C220 ドライバー

Konica Minolta bizhub C220は、標準的なコピー機、プリンター、スキャナーです。このプリンタにはフロントパネルのUSBコネクタが付属しているため、ドキュメントを表示する機能を備えたUSBサムドライブから印刷できます。印刷速度は速く、白黒とカラーの両方で毎分22ページの速度でドキュメントを広げます。 Mac、Windows、Unix / Linuxと互換性があります。

コニカミノルタ bizhub C220の内部コンポーネントは、耐久性のために再構築されました。時間とお金を節約します。トナー出力は、これまでよりも効率的に、黒(TN-216K)で約29,000ページ、各色で26,000ページを生成します。シアン(TN-216C)、マゼンタ(TN-216M)、およびイエロー(TN-216Y)。毎月のデューティサイクルは60,000ページと評価されており、中規模のビジネスに最適です。

PageScopeは、コニカミノルタ bizhubC 220の標準ソフトウェア機能です。 PageScopeプログラムは、生産性を維持するために連携して機能します。たとえば、PageScope Web Connectionは、マシンを制御するために簡単にアクセスできる「Webサイト」を作成します。社内のIT部門は、PageScope Net Care Device Managerを使用できるため、1か所から複数のデバイスをマルチタスクで管理できます。 Konica Minolta bizhub C253 ドライバーにアクセスして、別のコニカミノルタドライバを入手してください。

コニカミノルタ bizhub C220 ドライバ対応OS

  • Windows (Windows 11, Windows 10 32bit版 | Windows 10 64bit版 | Windows 8.1 32bit版 | Windows 8.1 64bit版)
  • Macintosh(macOS 11 | macOS 10.15 | macOS 10.14 | macOS 10.13 | macOS 10.12)

申し訳ございませんが、上記以外のOSに対応するドライバー/ソフトウエアは提供しておりません。OSによっては、さらに詳細なバージョンが条件の場合がございますので、ダウンロード前に動作環境の確認をお願い致します。ご利用のパソコンのOSが分からない場合は、手順にしたがってOSをご確認ください。

Konica Minolta bizhub C220の PCL/PostScript/PC-FAXドライバーを ダウンロード (32-bit/64-bit)

Konica Minolta bizhub C220の macOS PostScriptプリンタードライバーを ダウンロード

も読む: WindowsとmacOS用のコニカミノルタ bizhub C280 ドライバー

コニカミノルタ bizhub C220 ドライバー

bizhub C220 ドライバー

Konica Minolta bizhub C220のドライバインストール

コニカミノルタ bizhub C220 プリンタドライバをWindowsにインストールする方法

  1. Windows PCにインストールします。 ドライバーが正常にインストールされたら、Windowsを再起動します。
  2. [設定]を開き、[プリンターとスキャナー]をクリックします。 プリンタードライバーが既に正常にインストールされている場合、プリンターはプリンターとスキャナーのリストに入力されているはずです。
  3. コニカミノルタ bizhub C220が既にリストに表示されている場合は、プリンターをクリックし、[既定に設定]をクリックして、プリンターをプリンターとして使用します。

コニカミノルタ bizhub C220 プリンタドライバをmacOSにインストールする方法

  1. [システム環境設定]メニューをクリックし、[プリンターとスキャナー]を選択します。 この(+)記号をクリックして、プリンターを追加します。
  2. 利用可能なプリンターが表示されます。このプリンターが表示されない場合は、まずドライバーをインストールしてから、プリンターモデルを選択する必要があります。 または、ドロップダウンを選択してコニカミノルタ bizhub C220 ドライバーを選択できます。 いくつかのオプションから選択できます。 プリンターで別の指定がない限り、PCL(pcl5またはpcl6)、postscript、またはzplを選択します。